人称代名詞 (Personal Pronouns) [Level 1]


代名詞 (Pronouns)」というのは、名詞の代わりに使われるです。全ての言語では代名詞がよく使われる言葉ですね! 「I ()」「You (あなた)」「He ()」「She (彼女)」というの単語は全て代名詞です。

初めて英語の勉強を始める時は、英語の代名詞の作り方をよく学べば、英語の文章をすごく楽に構成できます。なぜですか?たくさん英文の主語の位置には、「I」と「You」のような代名詞が使われるからです!英語のネイティブは会話の中でこんな代名詞をよく使うので、代名詞の使う方を学ぶのが重要ですね!

それでも、日本語の代名詞を学ぶより、英語の代名詞を学ぶのが難しいです。英語では、日本語より、代名詞の種類が多いです。今回は「人称代名詞」を教えると、「所有代名詞」も簡単にお教えてあげますが、もっと複雑な種類があるから、後で「再帰代名詞」のような代名詞をもっと詳しくお教えてあげます。

人称代名詞 (Personal Pronouns)

人を指す代名詞は「人称代名詞」と言われます!「I, You, He, She, It, We, They」のような言葉であります。

それでも、人称代名詞」の中には、「主格代名詞 (Subject Pronouns)」「所有格代名詞 (Possessive Adjectives)」「目的格代名詞 (Object Pronouns)」「所有代名詞 (Possessive Pronouns)」「再帰代名詞 (Reflexive Pronouns)」の5種類があります

人称数 · 性主格所有格目的格所有代名詞再帰代名詞
一人称[単数]I
mymeminemyself
[複数]weourusoursourselves
二人称[単数]youyouryouyoursyourself
[複数]yourselves
二人称[単数; 男性]hehishimhishimself
[単数; 女性]sheherherhersherself
[単数; 中性]ititsitないitself
[複数]theytheirthemtheirsthemselves

文の主語の位置に来る代名詞は 「主格代名詞 (Subject Pronouns)」と言われます。

  • I
  • We 
    私たち
  • You
    あなた
  • He
  • She
    彼女
  • It
    それ
  • They 
    彼ら, 彼女ら, それら

上記の全て代名詞は「主格代名詞」ですから、文の主語の位置に来るべきです! いくつかの例文を見てみます!

  • I am Korean.
    私は韓国人です。
  • We are students at Gyeonggi University.
    私たちは京畿大学の学生です。
  • You are very smart!
    あなたはすごく賢いですね!
  • He is my friend from America.
    彼は私のアメリカから来た友達です。
  • She is my girlfriend.
    彼女は僕のこの彼女だ。
  • It is a very interesting movie.
    それは面白い映画だ。
  • They are my co-workers.
    彼らは私の同僚です。

* 日本人はあまり「あなた」を使わない傾向がありますね! 日本の社会では、「あなた」ではなく、「苗字」と「~さん」や敬称で呼ぶ方がもっといいでしょうね?でも、アメリカの文化が違うと、アメリカ人は「You」よく使います!英語では、名前や敬称で「You」を代えることがダメです。または、日本語では、youで翻訳することができる言葉が多いですね!「」と「お前」のような言葉も「You」に訳しますが、「You」という代名詞は攻撃的ではありません。

人称代名詞の中では、「所有格代名詞」というのがよく「所有形容詞」と呼ばれています!なぜですか?所有格代名詞は独りで使われる語ではなく、名詞を修飾する形容詞の役割をするからです。所有格代名詞人称代名詞に属しますが、形容詞のように使われる言葉です。

  • my
    私の
  • our
    私たちの
  • your
    あなたの
  • his
    彼の
  • her
    彼女の
  • its
    それの
  • their
    彼らの

所有格で名詞を形容する方法は形容詞の使う方と全く同じです。つまり、名詞のすぐ前に来ます。

  • my friend
    私の友達
  • our house
    私たちの
  • your car
    あなたの
  • his family
    彼の家族
  • her boyfriend
    彼女の彼氏
  • its cost
    それの価格
  • their school
    彼らの学校

英語の代名詞を学ぶのが難しい理由は、日本語の代名詞よりも、英語の代名詞の種類が多いからです。日本語で代名詞を目的語として使いたい場合は、代名詞のすぐ後に「を」と言えばいいですが、英語では「目的格代名詞」を使うべきです。それは「主格代名詞」とちょっと違います。

  • me
    私を
  • us
    私たちを
  • you
    あなたを
  • him
    彼を
  • her
    彼女を
  • it
    それを
  • them
    彼らを

上記の代名詞は目的語の位置に使われる代名詞ですね!例えば、「I saw him」というのが「私は彼を見た」を意味します。この文章には、「」を意味するの「he」が 「see」の目的語として使われるので、「him」になります!でも、「He saw me」を言えたら、「I」が目的語として使われるべきでありますよね。それで「me」になります!「He saw I」いうのは全然ダメですよ!「I」は 主格代名詞 ですから。

Correct: I ate lunch with him.
(私は彼とランチを食べた。)
Incorrect: I ate lunch with he.
(私は彼とランチを食べた。)

Correct: She called me yesterday.
(彼女は昨日私に電話をかけてきた。)
Incorrect: She called I yesterday.
(彼女は昨日私に電話をかけてきた。)

それでも、目的格代名詞が主語として使える場合がありますが、私もちょっと復習しなければならないから、他の文に教えてあげます。それでは、いくつかの例文を見てみます!

  • He told me a funny story.
    彼は私に笑い話をした
  • She taught us how to say "thank you" in Chinese.
    彼女は私たちに中国語で"ありがとう"の言い方を教えてくれた
  • I will call you tomorrow!
    明日 (あなたに) 電話するよ。
  • We helped him find a job.
    私たちはが仕事を見つけるのを手伝った
  • They showed her how to do it.
    彼らは彼女にそのやり方を教えた
  • I bought it yesterday.
    私は昨日それを買った
  • We met them today.
    私たちは今日彼らに会った

所有代名詞 (Possessive Pronouns)

所有代名詞には、「所有格 + 名詞」の意味があるので、名詞なしで、単独でも使われ、使い方が(代)名詞と同じですよ!ただし、所有代名詞は「a」「the」「this」「that」「no」他の限定詞と使うのがダメです。

英語の全ての所有代名詞は以下の通りです!

  • mine
    私のもの
  • ours
    私たちのもの
  • yours
    あなたのもの
  • his
    彼のもの
  • hers
    彼女のもの
  • theirs
    彼らのもの

所有代名詞が主語として使える場合は少ないですね。一般的に言えば、所有代名詞というのは主語を描写する役割があるからです。

Correct: The book is mine.
(この本は 私のもの / 私の本 です。)
Incorrect: Mine is the book.
(私のものはこの本です。)

Correct: That car is ours.
(その車は 私のもの / 私たちの車 です。)
Incorrect: Ours is that car.
(私たちのものはその車です。)

会話の中で、相手は所有代名詞が描写することを知っていたら、主語のように使うこともできます。 例文を見てみます!

Example 1

Dave: "Is this a new computer?"
(これは新しいコンピューターですか?)
John: "Yeah! It's a Samsung computer."
(うん!これはサムスンのコンピューターです!)
Dave: "Oh yeah? Mine is a Surface Pro!"
(そうか?私のコンピューターはサーフェスプロです!)

この場合で、相手は「mine」が「computer」であることを知っているから、主語の位置に使うことができます!

Example 2

Dave: "What hotel are you staying at?"
(どのホテルに泊まっていますか?)
John: "We're staying at the Hyatt Hotel. What about you?"
(私たちはハイアットホテルに泊まっています。あなたは?)
Dave: "Oh wow! Ours is the Hyatt hotel too!"
(あら!私たちのホテルもハイアットホテルです!)

上記の場合では、John は「mine」というの所有代名詞が「hotel」を対処すると知っていますから、主語として使うことができます。

所有代名詞が「所有格 + 名詞」の代わりに使えますが、所有代名詞が何を描写するのか分からなければ、「所有格 + 名詞」というのパターンで表現するのがもっといいですね。そのため、文の主語の位置には所有代名詞の描写をよく表すことがとても重要です。

  • That jacket over there is mine.
    そこにあるのジャケット私のもの (ジャケット) だ。
  • The red car in the parking lot is ours.
    その駐車場にあるの赤い車私たちのもの () だ。
  • Is this bag yours?
    このバッグあなたのものですか?
  • I think this phone is his.
    この電話彼のものだと思う。
  • That book over there is hers
    あそこにあるの彼女の本です。
  • That house over there is theirs
    あそこの家彼らの家です。

再帰代名詞 (Reflexive Pronouns)

再帰代名詞は基本的に「~自身」という意味でありますが、翻訳するのがちょっと難しいですね。再帰代名詞の代表的な形態は「oneself (自身・自分)」であります。

  • myself
    私自身
  • ourselves
    私たち自身
  • yourself 
    あなた自身
  • yourselves 
    あなた方自身
  • himself 
    彼自身
  • herself
    彼女自身
  • itself
    それ (自身)
  • themselves
    彼ら自身

自身」と「自分」を意味する再帰代名詞は「一人でする」と同じ意味で使うこともできます。

  • I made this myself
    私は一人でこれを作った。
  • He did it himself.
    彼は自分でやった。
  • She lives all by herself
    彼女は一人暮らしをしている。

他の使い方はありますけど、少ないですね。別の記事でもっと詳しく教えますが、まずいくつかの例文を見せします!

  • I learned English by myself
    私は一人で英語を学びました。
  • We learned how to make movies by ourselves
    私たちは自分で動画を作り方を学びました。
  • You need to love yourself
    お前は自分を愛するべきだ!
  • He hates himself.
    彼は自分を憎んでいる
  • She is not satisfied with herself
    彼女は自分に満足していない。
  • The robot is looking at itself
    そのロボットは自分を見ている。
  • My students do their homework by themselves.
    私の学生たちは一人で宿題をやる。

Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top