be動詞は英語で一番よく使われる動詞なのかもしれませんね。be 動詞はよく使われる動詞ですが、使い方がちょっと難しいです。今回のレッスンでは、be動詞の使い方と形態についてお伝えます。

be 動詞とは?

簡単に説明すると、be 動詞とは「~である~にいる~にある存在する」という意味を持つ動詞です。be 動詞主語と時制で形が変わるので、学ぶのが難しい動詞です。しかし、英語で最もよく使われる動詞ですから、使い方を説明したいと思います。今は be 動詞の形をお見せします。

(人称)単数複数
1人称I amWe are
2人称You areYou are
3人称He is
She is
It is
(名詞) is
They are

be動詞は大きく一般動詞と助動詞に分けることができます。一般動詞として使われると、be 動詞 は「~である~にいる~にある存在する」という意味になります。助動詞として使われると、be 動詞は文法的な役割を果たします。be 動詞の文法的な役割は進行形と受動態を作ることです。まずは一般動詞の使い方をお伝えます。

一般動詞 (General Verb)

一般動詞として使われると、be 動詞 は「~である~にいる~にある存在する」意味します。be 動詞の後に補語 (名詞形容詞) が来ると、be 動詞 は「~です~である」を意味しますが、be 動詞の後に here, therein/at/on + 場所を表す名詞 が来る場合には be 動詞 が「~にある~にいる」という意味になります。使い方をお見せします。

~である を意味する be 動詞

  • He is very handsome.
    彼はとても格好良い。
  • We are 25 years old.
    私たちは25歳です。
  • I am a teacher.
    僕は先生です
  • Are you a teacher?
    先生ですか?

~にある・~にいる を意味する be 動詞

  • He is at school.
    彼は学校に行ってます。
  • I'm on the bus.
    僕はバスに(乗って)いる
  • We are at the park.
    私たちは公園にいます。
  • I am here!
    僕はここにいます!
  • Are you at your house?
    家にいますか?
助動詞 (Helping Verb)

be 動詞文法的な役割も果たします。be 動詞 は「~している」という現在の状態を表す進行形と一緒によく使われると、受動態と使われる場合もあります。後でもっと詳しく説明する予定ですが、今回は進行形の作り方を簡単に説明したいと思います。be 動詞と動名詞と一緒に使えば、「~している」を表す進行形になります。

  • I am reading a book.
    私は本を読んでいます。
  • We are studying English.
    私たちは英語を勉強しています。
  • He is sleeping.
    彼は寝ています。
  • Are you studying?
    勉強している?
Scroll to Top
Scroll to Top