可算名詞の単数形が冠詞 (a, an, the) や人称代名詞所有格 (my, your, his など)、指示代名詞 (this, that)、限定辞と呼ばれる some (いくつかの), any (どんなでも), each (各自の), every (すべての) などの語句を伴わずに、単独で使われることはありません。日本語には冠詞という品詞がないの、理解するのが難しいかもしれません。ですから、冠詞の種類と使い方を説明したいと思います。

冠詞とは一体なんなのか?

英語で名詞の前に置かれている 'a', 'an' と 'the'は「冠詞」と呼ばれるものです。限定詞と言うのがなんだと分かりますか?限定詞 (determiner) とは、名詞や名詞句を修飾する語の一種であります。

  • his car (彼の車) – 所有者を限定 [所有格]
  • that car (あの車) – 位置・場所を限定 [指示詞]
  • two cars (2台の車) – 台数を限定 [数字]
  • some cars (何台かの車) – 台数を限定 [数量詞]
  • a car (無作為に選んだ1台の車) – 無作為に一つだけ選ばれたものの限定 [不定冠詞]
  • the car (話し手も聞き手も共通認識がある車) – 共通認識があることを確認 [定冠詞]

限定詞は名詞の意味をより具体的に、明確に、限定してくれる働きがあるのです。可算名詞の単数形は単独で、こんな限定詞なしで使うことができません。では、冠詞の種類とルールをお見せします!

種類冠詞ルール
定冠詞the• 子音で始まる名詞
• 母音で始まる名詞
the boy, the car
the animal, the example
不定冠詞a• 子音で始まる名詞
• 頭文字が子音の発音をする名詞に
a boy, a car
an• 母音で始まる名詞
• 頭文字が母音の発音をする名詞に付ける
an animal, an example

では、冠詞の使い方をお見せします!

the の使い方 (定冠詞)

特定の対象を指す冠詞は「定冠詞」と呼ばれます。the定冠詞 (definite article) であります。例えば、I bought the computer の場合は、私が買った特定のパソコンを指しているのです。名詞の前に定冠詞 the が付くのは、主に以下の名詞です。

  • 文章や会話の中にすでに一度登場している名詞
  • 常識的に世界に1つしかないものを表す名詞
  • 海洋、海峡、河川、運河、山脈、砂漠などの一部の固有名詞

定冠詞は次のような場合に使われます。

1.) 独特の人や物、みんなが知しっている物を言及する時には the を使います。

  • The morning sun is so bright that I can't see it.
    朝の太陽はとても明るいので、見ることができない。
  • The world is so beautiful.
    世界はとても美しいよ。
  • Can you open the door for me?
    ドアを開けてくれる?
  • Isn't the weather great today?
    今日の天気も最高じゃない?

2.) 既に述べた何かを再び言及する時には the を使います。

  • A. I watched a Korean drama last night.
    昨日の夜、韓国のドラマを見たんだ
    B. The movie was really interesting!
    ドラマは本当に面白かったよ!
  • A. I bought a new computer.
    新しいパソコンを買った。
    B. The computer is a Macbook.
    パソコンはマックブックだ。

3.) 最上級や序数詞に the を使います。

  • Tokyo is the largest city in Japan.
    東京は日本最大の都市です。
  • This is the most important thing.
    これが一番重要です。
  • This is the cheapest store in town.
    ここは街で一番安い店だ

4.) 地理的地域、河川、山脈、諸島、運河や海洋の名前に the を使います。

  • the United States
    アメリカ
  • the United Kingdom
    英国
  • the Netherlands
    オランダ
  • the Pacific Ocean
    太平洋

5.) the は複数の意味を持つ集合名詞の前によく使われます。

  • the nation
    国民たち
  • the audience
    聴衆たち
  • the majority
    多数派
  • the team
    (この, 私たちの) チーム

では、不定冠詞の使い方をお見せしましょうか?

a/an の使い方 (不定冠詞)

特定の対象を指さない冠詞は「不定冠詞」と呼ばれます。a, an不定冠詞 (indefinite article) であります。前に不定冠詞 aan が付くのは、主に以下の名詞です。

  • 不特定多数のものの中の1つを指す名詞
  • 単数形で、会話の中で初めて話題に上がる名詞

不定冠詞は次のような場合に使われます。

1.) 不特定多数の物の中の1つを指す時には a/an を使います。

  • Let's take a taxi.
    タクシーに乗ろうよ。
  • Do you have a computer?
    パソコンがある?
  • Can I buy a cake to take home with me?
    ケーキは買って帰れますか?

2.) 会話の中で、初めてふれる話題を話す時には a/an を使います。

  • I watched a Korean drama last night.
    昨日の夜、韓国のドラマを見たんだ
  • I bought a new computer!
    新しいパソコンを買った!
  • How about we go to a cafe?
    カフェに行くのはどう?

3.) a/an は「一つ」という言葉の代わりに使われます。

  • I brought a present.
    プレゼントを持ってきました。
  • I have a pen.
    僕はペンを持っている。
  • We still have an hour left before lunch.
    お昼まで後1時間もあるよ。

4.) 名詞を使う時に、どれか1つに特定しなくてもいい場合はよくあります。

  • Would you lend me a pen?
    ペンを貸していただけますか?
  • Could I have a beer please?
    ビールを1つください

5.) a/an はグループで特定の1つを話す時にも使われます。

  • He is a teacher.
    彼は先生です。
  • It's a really beautiful city.
    本当に美しい都市です!
  • That computer is a really good computer.
    そのコンピュータは本当に良いコンピュータです。
冠詞の位置

冠詞は名詞の前に置かれるのが原則ですが、名詞の前に形容詞または副詞がくる時は、そのすべての語の先頭におかれます。いくつかの例文をお見せします。

  • He is a teacher. (冠詞 + 名詞)
    彼は教師です。
  • He is a kind teacher. (冠詞 + 形容詞 + 名詞)
    彼は優しい先生です。
  • He is a very kind teacher. (冠詞 + 副詞 + 形容詞 + 名詞)
    彼はとても優しい先生です。
  • It's a book. (冠詞 + 名詞)
    本です。
  • It's an interesting book. (冠詞 + 形容詞 + 名詞)
    面白い本です
  • It's a really interesting book. (冠詞 + 副詞 + 形容詞 + 名詞)
    本当に面白い本ですよ。
Scroll to Top
Scroll to Top