英語で謝る方法 (Ways to Apologize in English) [基礎英語]


英語で謝る場合は尊敬がとても大切ですね!

この記事は英語で敬意を持って謝る方法について語ります。

1.) Small Mistakes (小さな間違い)

小さなミスをする場合はこちらの日常的な表現が使用できます!

  • Whoops! Sorry! 
    おっと! ごめん!
  • Ah, sorry! 
    あ, ごめん!
  • Sorry about that. 
    (それをして) ごめんね.

こちらの表現は誰かとぶつかる時や,名前の誤りといった、そのような小さなミスをする時に使われます。

  • Ah, my bad. 
    ああ、私の悪かった。
  • My fault! 
    私のせい!

この二つの文句は俗語ですが、多部分日常的な状況に使えばいいです。

2.) Big Mistakes (大きな間違い)

この二つの表現は英語で使われる最も一般的な謝罪ですが、大きな間違いをする時に使われます。

  • I'm sorry. 
    ごめんなさい。
  • I apologize. 
    申し訳ない。

強調する時は「so (とても)」また「really (本当に)」のような単語を使うこともできます。

  • I'm so sorry. 
    申し訳ありません。
  • I'm really sorry! 
    本当にごめんなさい!
  • I am terribly sorry. 
    大変申し訳ございません。

3.) Before Asking a Question (質問をする前に)

知らない人に質問する前に、「すみません」と言うのが礼儀ですよね!質問しなければならない時は、このように謝罪することができます。

  • Excuse me! 
    すみません!
  • Pardon me! 
    失礼ですが!

Pardon me」は三つの意味があります。「すみません」、「ごめんなさい」または「何て言ったの?」を意味します。

  • May I ask you a question? 
    質問してもよろしいですか?

もう少し礼儀正しくしたいのなら、「Excuse me!」と言ってからこの質問をしてください。

4.) Forgiving (許す表現)

小さなミスをすれば日常語を使えばいいです。 誰かが私たちにすまないと言うの場合は、みんなさんがこのように答えばいいです。

  • It's fine 
    だいじょうぶ
  • No problem 
    問題ない
  • No worries 
    心配しないで

もっと大きな間違いなら,このように答えればいいです。

  • I forgive you. 
    私はあなたを許します。
  • Please don't worry about it. 
    心配しないでください。

Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top