基本的な感謝のフレーズ (Expressing Gratitude in English) [Level 1]


英語で感謝の気持ちを表す方法は多いです! 英語では敬語の使い方がちょっと違いますが、英語で感謝の表現がとても多いです。正式な表現はあると、日常的な感謝の表現もあります。 最も基本的な感謝の表現から始めましょう!

  • Thank you!
    ありがとう!

Thank you はすべての状況で使用できます。正式な会話で使用できて、日常的な会話で使ってもいいんです。 でもね、感謝をもう少し強く表現したいなら、次の表現も使えます。

  • Thank you very much! 
    ありがとうございます!
  • Thank you so much! 
    ありがとうございます!

very much」は「とても多い」を意味すると、「so much」は「多すぎる」を意味します。  自分が本当に感謝していることを表したい時は、very so を強調することで表現できます。 それで、この感謝の表現もほとんどの場合で使用しますが、very so を強調することで、この二つの表現は敬語になります。

  • Thanks! 
    どうも!
  • Thanks much! 
    どうもありがとう。

Thanks も日常的な表現ですから、形式張らない会話の場面でよく使われます。自分が感謝することを本当に伝えしたい時、別の使用できる表現もあります。

  • Thank you for (名詞/動名詞)!
    (…)くれてありがとう!
  • Thank you so much for (名詞/動名詞)!
    (…) くれてありがとうございます!

自分が感謝する理由を説明したい時は、上記のパターンで表現できます!

  • Thank you for helping me. 
    助けてくれてありがとう。
  • Thank you for the coffee! 
    コーヒーありがとう!
  • Thank you so very much for your kindness. 
    ご親切にどうもありがとうございます!
  • Thank you for contacting us. 
    連絡してくれありがとうございます。


感謝」という名詞は、英語で「gratitude」によく翻訳されます。 ですから、自分が感謝することを強調したいなら、例えば 英語で「私は感謝します」という意味を表現したいなら、次の表現を使用できます!

  • I am very grateful. 
    とても感謝しています。
  • I am very grateful for (your help). 
    (あなたの助力) にとても感謝している。

誰かが自分に「Thank you!」と言う時は,「どういたしまして」のような言葉で答えるのが重要なことでしょう。 英語ではどういたしましてを意味する表現も多いんです。

  • You're welcome! 
    どういたしまして!
  • You’re very welcome! 
    どういたしまして!
  • Don’t mention it! 
    そんなこと言わないで!
  • It's no problem! 
    大丈夫ですよ! (問題ないよ!)
  • It's fine! 
    大丈夫よ!

Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top