Water Under The Bridge (過ぎてしまったこと) [慣用句]

water under the bridgeは「橋の下にあるの水」を意味する慣用語であり、「過ぎてしまったこと」で解釈できます。



自分の過去、過ち、後悔は橋の下にあるの水と同じでしょう? 思い続ければ、後悔し続ければ、過去をまだ変えることはできないでしょうね。そんなことがもう過ぎたんですから!

Water Under the Bridge」という慣用語はその意味です。 英語のネイティブはこのような慣用語を使う時、「過去のミスがもう過ぎたので、私たちは未来に目を向けなければならない」という考えを表現したいです。

  • It's all water under the bridge
    過ぎてしまったことです。(直訳:すべては橋の下にあるの水です)

この慣用語は特に友人や家族の詫びを受け入れる時に回答として使われます! 使う方法は以下の通りです。

Example 1:
David: "I am really sorry I said those things, please forgive me.
(デイビッド:そんなことを言ってしまって本当にごめんなさい。許してください。)
Jim: "Don't worry, it's all water under the bridge now.
(ジム:心配しないでください。今は過ぎてしまったことです。)

Example 2:
Kim: "I know what I did was wrong. I'm truly sorry.
(キム:私のしたことが間違っていたことは分かっています。 本当にごめんなさい。)
Ryan: "What you did was wrong, but it's all water under the bridge.
(ライアン:君のしたことは間違っていたけど、それは過ぎてしまったことです。)

この慣用語の英語辞書定義を見てみましょう。

"Used to say that something happened in the past and is no longer important or worth arguing about."

– © 2019 Merriam-Webster

簡単に説明すると、これは過去に何か起こったと、もはや重要ではないと言うために使われる表現です。

例文

いくつかの例文を見てみるようにします。

  • Now it's all water under the bridge
    今はもう過ぎ去ったことです。
  • I can't change the past, it's water under the bridge
    私は過去を変えることはできないでしょう、過ぎたことは仕方ないことですから。
  • In a way, that incident is water under the bridge
    ある面で見れば、その事件は過去のことでしょう。
  • It's water under the bridge, there's nothing we can do. 
    過ぎたことだから、私たちにできることは何もない。
  • Yesterdays's mistakes are all water under the bridge
    昨日の失敗はすべて過去のことだ。
同じような意味でよく使われる表現

同じような意味でよく使われる表現は多いです! いくつかの例文を見てみるようにします。

  • It's all a thing of the past
    すべては過去のことだ。
  • It's all in the past
    すべては過去にある
  • It's old news
    それは過去のことだ。(それは昔の話だ)
  • It's ancient history
    それは過去のことだ。(それは古代史だ)
  • It's water over the dam. [관용어] 
    それは過ぎ去ったことだ。(直訳:ダムの向こう側の水だ)

Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top