To Make A Long Story Short (長い話しを短くする) [慣用句]

英語のネイティブは対話の中に何かをもっと早く説明したいなら、「to make a long story short」という慣用語をよく使います。



to make a long story short」は 「長い話しを短くすると」、または「かいつまんで話せば」という意味があるの慣用語です。「story」は「物語」という意味でしょう!この表現は「長い物語を短くする」として直接翻訳でき、「かいつまんで話す」と解釈できます。皆さんは時間のために何かをもっと早く説明したいなら、この慣用語が次の例のように使われることをできます。

Example 1:
A. How did you end up working at Google? 
(どうやってグーグルで働くようになったのか?)
B. To make a long story short, I knew a guy. 
(長い話を短くするとね、私が知っている人がいました。)

Example 2:
A. Why did you come to California? 
(なぜカリフォルニアに来たのですか?)
B. Well… to make a long story short, my girlfriend was living in California at the time. 
(ええと … 手短に言うとね、彼女はその時カリフォルニアに住んでいたんです。)

この慣用語の英語辞書定義を見てみることにします。

"Used for saying that you will tell the end or the main point of a story without giving all the details."

– © Springer Nature Limited 2009–2019

それで、もし皆さんは何かについて詳しく話したくないし、簡単に説明したいなら、この表現を使うことができます!

例文

一般的には, 「to make a long story short」は文章の前に使う表現です。文章の一部として使うものです!

  • To make a long story short, we still don't know. 
    簡単に言えば、私たちはまだわかりません。
  • So, to make a long story short, it ended in failure. 
    それで、長い話しを短くすると、それは失敗したということです。
  • To make a long story short, everything worked out well. 
    かいつまんで話せば、すべてがうまくいった。
  • To make a long story short, we've all become close. 
    手短に言うと、私たちは親しくなった。
  • To make a long story short, I feel good as new. 
    簡単に言えば、私は新しいように気持ちがいい。
  • To make a long story short, we got married. 
    手短に言えば、私たちは結婚した。
同じような意味でよく使われる表現

日本語の多く表現が「to make a long story」で解釈できる場合は多いです! 次の表現もよく使われます。

  • to put it more simply 
    もっと簡単に言えば
  • to be more specific 
    もっと詳しく言えば
  • in a few words 
    少しだけ言えば

次の表現は英語でこのように翻訳できます。

長い話しを短くすると

1. to put it simply  ()
2. in short  ()
3. in a nutshell  ()
4. to make a long story short

手短に言えば

1. simply put  ()
2. to be brief  ()
3. in short
4. to make a long story short

かいつまんで話せば

1. to sum it up  ()
2. in summary  ()
3. to summarize  ()
4. in short
5. to make a long story short


Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top