under

To Be Under The Weather (体の具合がよくない) [慣用句]

「under the weather」は「体の具合がよくない」という意味の慣用語であり、「天気の下にいる」として直訳できます。 under the weather という慣用語は自分の健康を描写するために使うことができます。 under the weatherはこのように使われる時に 「少し気分が悪い」や「体の具合がよくない」を意味します。 自分の気持ちや感情を描写するために使うこともできます!そのように使う時は「気持ちが悪い」や「憂鬱だ」という意味であります。 Example 1 How are you feeling today?  今日のコンディションはどうですか? I'm still a bit under the weather, I've got a headache.  まだ体の具合が悪い。頭が痛いです。 Example …

To Be Under The Weather (体の具合がよくない) [慣用句] 더 보기 »

Water Under The Bridge (過ぎてしまったこと) [慣用句]

water under the bridgeは「橋の下にあるの水」を意味する慣用語であり、「過ぎてしまったこと」で解釈できます。 自分の過去、過ち、後悔は橋の下にあるの水と同じでしょう? 思い続ければ、後悔し続ければ、過去をまだ変えることはできないでしょうね。そんなことがもう過ぎたんですから! 「Water Under the Bridge」という慣用語はその意味です。 英語のネイティブはこのような慣用語を使う時、「過去のミスがもう過ぎたので、私たちは未来に目を向けなければならない」という考えを表現したいです。 It's all water under the bridge.  過ぎてしまったことです。(直訳:すべては橋の下にあるの水です) この慣用語は特に友人や家族の詫びを受け入れる時に回答として使われます! 使う方法は以下の通りです。 Example 1: David: "I am really sorry I said those things, please forgive me."  …

Water Under The Bridge (過ぎてしまったこと) [慣用句] 더 보기 »

Scroll to Top