英会話

What do you mean (by that)? [1分英会話]

「What do you mean by that?」というのは会話の中でよく使われるフレーズですね!日本語に直訳して「それはどういう意味ですか?」になります。これは話の全体が見えない時にも使えるフレーズですよ!例えば、相手が何か言うと、以下のように答えることができます! Example 1 A.) It was a good movie but it had some problems. その映画は良かったが、いくつかの問題があった。 B.) Oh yeah? What do you mean by that? そうか?それはどういう意味ですか? Example 2 …

What do you mean (by that)? [1分英会話] 더 보기 »

基本動詞 (be, have, do) [Level 1]

この記事では、英語でよく使われる3つの動詞を教えてあげます!それは be・have・do という動詞です。 (to) be です, いる, ある (to) have 持つ, いる, ある (to) do する 英語の動詞の中では、be・have・do というのが最も基本的な動詞であります!固有の意味で使われる時は「本動詞」と呼ばれ、be 動詞 は自動詞として、do 動詞 は主に他動詞として使われます。 Tokyo is in Japan. [完全自動詞] 東京は日本にある。 Time is money. [不完全自動詞] …

基本動詞 (be, have, do) [Level 1] 더 보기 »

指示代名詞 (Demonstrative Pronouns) [Level 1]

指示代名詞というのは this・that・these・those のような代名詞です!一般的に言えば、距離・時間・自分の観点を指する時は、近いものを「this」で指し、遠いものを「that」で指します。 英語では指示代名詞があると、指示形容詞もあります!上記の単語は指示代名詞に属しますが、形容詞として使うこともできます!この記事では使い方を教えてあげます! 指示代名詞 (Demonstrative Pronouns) 英語の指示代名詞は次の通りです! thisこれ thatそれ, あれ theseこれら thoseそれら, あれら 代名詞ですから、文の主語や目的語として使うことができる言葉ですよね!人や物を指す時は、次の例文のように使えます! This is my book, and that is your book.これは私の本、それはあなたの本です。 Who is this?(これは) 誰ですか? These are my friends.こちらは私の友達です。 Those …

指示代名詞 (Demonstrative Pronouns) [Level 1] 더 보기 »

To Give a Hand (手助けする, 手伝う) [イディオム]

今回はアメリカ人と英語のネイティブがよく使うイディオムを教えてあげますよ!「to give a hand」というのは「手助けする, 手伝う」を意味するの慣用表現です。「to give (someone) a hand」というのは日本語に直訳して「手を貸してあげる」を意味すると、このイディオムが 手助けする・手伝う というの意味であります!英語では「助ける」を言うと「help」ですね!「give a hand」の使い方は help とよく似ています! Example 1:A. Can I help you?(手伝いましょうか?)B. Can I give you a hand?(手を貸してもいいですか?) Example 2:A. Let me help you!(手伝いしましょう!)B. …

To Give a Hand (手助けする, 手伝う) [イディオム] 더 보기 »

英語の文型について! (英文の作り方) [Level 1]

英語の文法を勉強するのが面白くないですが、文法は重要なことです!たくさんの英語初心者は単語を一つずつ話せますが、英語の文法を理解していないので、自分の考えを表現するのが難しく、英語のネイティブとコミュニケーションをすることができません。ですから、私が言いたいことは、文法がいかなる、そして全ての言語にとても大切な部分だということです! でもね!文法だけ勉強するのは全然ダメですよね!英語でコミュニケーションをするために、とても複雑な文法と文章パターンを学ぶ必要はありません!それでも、英文法の基礎と文章の作り方を理解すると、英語のネイティブの間でよく使われる文章のパターンを学ぶなら、自分の考えをとても楽に表現することができるでしょう!ですから、英文法の基礎を勉強することは本当に重要ですね。 この記事では、英語の文型と英文の作り方を教えてあげます! 文型について (About Sentence Structure) 英語で全ての文章は「主語 (Subject)」、「[述語] 動詞 (Predicate Verb)」、「目的語 (Object)」や「補語 (Complement)」、4つの要素で構成されており、この4つの要素が「文章の構成要素」と申します。より簡単に説明すると、英語の最も基本的な文章は S [Subject] – V [Verb] – O [Object] というパターンで表現されます。これは日本語と反対ですよね? 日本語の文章は「S – O – V」というのパターンで表現されます。 Seojin is my friend.  [主語 – …

英語の文型について! (英文の作り方) [Level 1] 더 보기 »

How Old Are You? 何歳ですか? [基礎英語]

東洋文化は年齢が大切なことでしょう? 例えば、韓国の文化では、自分より年長者を尊重することがとても大切です!相手は自分より年上なら敬語を使うべきですね?相手を「お兄さん」や「お姉さん」と呼ばなければなりませんね。相手が年上なら、相手の名前だけを呼ぶことはダメでしょう?韓国と日本にはそんな文化がありますね! アメリカの文化はちょっと違います。 アメリカには、初めて会う時に相手の年齢を聞くことは普通のことではありません。 状況によって聞くこともいいんですけど、年齢について質問をすることがダメだと思っているアメリカ人はよくいます。それでも、相手がもっと若く見えたら、こんな質問をしてもいいですよ! アメリカには、相手に年齢を聞くことは、友達になりたいというサインです!相手の年齢について質問する時は、次のような表現を使うことができます。 How old are you? 何歳ですか? 答える時は、「I'm … years old」というパターンで答えてください。 I'm (…) years old. 私は (…) 歳です。 「years old」という言葉は一緒に使うべきですよ!日本語に翻訳して「歳」という意味になります! 英語で年齢を数える方法 (Counting Age In English) 相手が「How old are …

How Old Are You? 何歳ですか? [基礎英語] 더 보기 »

Where are you from?と聞かれた時の答え方 [Level 1]

「Where are you from?」というのは「出身はどこですか?」を意味すると、多くの状況で使用できます。外語人に質問してもいいし、同じ国から来た人に質問してもいいですよ!日本語に直訳して「どこから来ましたか?」というの意味になります! 答えるの方法はたくさんありますよね。「どこの都市から来たのか?」というの意味で聞くごとができて、その時は都市名を言って答えてもいいです!または、「(国)のどこ出身ですか?」というの意味で使うことができると、「どの国からお越しになりましたか?」というの意味で質問してもいいですよ! Where are you from? 出身はどこですか? 最も基本的な答える方法は次の表現を使うことです。 I am from (New York). 私は (名詞) 出身です。 出身はどこですか? もう少し具体的に質問する方法はあります! 相手が自分と同じ国にいる場合では、その人が自分が住んでいる都市出身なのか、それとも他の都市や州から来たのか知りたい場合があるでしょう! 例えば、僕はアメリカのオクラホマ出身なので、他のオクラホマに住んでいる人がどこの出身なのかを知りたいという場合で次の質問で聞くことができます。 Are you from (Oklahoma)? (オクラホマ) の出身ですか? 相手がオクラホマの出身がではなく、アメリカのどこの出身なのかを知りたい場合では、次の質問をしてもいいですよ! What part …

Where are you from?と聞かれた時の答え方 [Level 1] 더 보기 »

What's Your Name? 名前に関する単語とフレーズ [Level 1]

「What's your name」? 「名前は何ですか」? 自分紹介する時はこの質問をすることが重要なことでしょう! What's your name?  (あなたの) 名前は何ですか? My name is ___ . (私の) 名前は ___ です。 「What's your name」とは最もよく使われる表現ですが、相手ではなく他人の名前を質問するため、代名詞を少し変えることができます。 What's his name?  彼の名前は何ですか? What's her name? 彼女の名前は何ですか? What are their names?  …

What's Your Name? 名前に関する単語とフレーズ [Level 1] 더 보기 »

Twenty-Four Seven (いつでも, 四六時中) [慣用句]

twenty-four sevenは「一日24時間、週7日」というの意味であり、会話に使用すると、「いつも」または「四六時中」として解釈できます。 twenty-four seven ([sc:audio src="twenty-four-seven.mp3" id="twenty-four-seven"] )の文字通りの意味は「一日24時間、週7日」です。そのため、この表現は比喩的に「いつも」または「いつでも」を意味することができます。そんな意味で使う時はデパートやコンビニで一番よく使わり、「四六時中」や「年中無休」を意味します。 Example 1 A. Excuse me, what are your business hours?  [sc:audio src="Excuse-me-what-are-your-business-hours.mp3" id="Excuse-me-what-are-your-business-hours"] (すみません、営業時間はいつですか?) B. We're open twenty-four seven!  [sc:audio src="Were-open-twenty-four-seven.mp3" id="Were-open-twenty-four-seven"] (24時間毎日営業しております!) Example 2 …

Twenty-Four Seven (いつでも, 四六時中) [慣用句] 더 보기 »

Scroll to Top