熟語

Twenty-Four Seven (いつでも, 四六時中) [慣用句]

twenty-four sevenは「一日24時間、週7日」というの意味であり、会話に使用すると、「いつも」または「四六時中」として解釈できます。 twenty-four seven ([sc:audio src="twenty-four-seven.mp3" id="twenty-four-seven"] )の文字通りの意味は「一日24時間、週7日」です。そのため、この表現は比喩的に「いつも」または「いつでも」を意味することができます。そんな意味で使う時はデパートやコンビニで一番よく使わり、「四六時中」や「年中無休」を意味します。 Example 1 A. Excuse me, what are your business hours?  [sc:audio src="Excuse-me-what-are-your-business-hours.mp3" id="Excuse-me-what-are-your-business-hours"] (すみません、営業時間はいつですか?) B. We're open twenty-four seven!  [sc:audio src="Were-open-twenty-four-seven.mp3" id="Were-open-twenty-four-seven"] (24時間毎日営業しております!) Example 2 …

Twenty-Four Seven (いつでも, 四六時中) [慣用句] 더 보기 »

To Get Up On The Wrong Side Of The Bed (明確な理由もなく機嫌が悪い) [慣用句]

「to get up on the wrong side of the bed」は「明確な理由もなく機嫌が悪い」という意味であるの慣用句です。 「to get up on the wrong side of the bed」は「明確な理由もなく機嫌が悪い」という意味であります。「to get up」は「起きる」を意味しますね!「wrong side of the bed」は「ベッドの間違った側」として翻訳できます。それで、なぜ「ベッドの間違った側から起床する (to get out of the wrong …

To Get Up On The Wrong Side Of The Bed (明確な理由もなく機嫌が悪い) [慣用句] 더 보기 »

To Be Under The Weather (体の具合がよくない) [慣用句]

「under the weather」は「体の具合がよくない」という意味の慣用語であり、「天気の下にいる」として直訳できます。 under the weather という慣用語は自分の健康を描写するために使うことができます。 under the weatherはこのように使われる時に 「少し気分が悪い」や「体の具合がよくない」を意味します。 自分の気持ちや感情を描写するために使うこともできます!そのように使う時は「気持ちが悪い」や「憂鬱だ」という意味であります。 Example 1 How are you feeling today?  今日のコンディションはどうですか? I'm still a bit under the weather, I've got a headache.  まだ体の具合が悪い。頭が痛いです。 Example …

To Be Under The Weather (体の具合がよくない) [慣用句] 더 보기 »

To Make A Long Story Short (長い話しを短くする) [慣用句]

英語のネイティブは対話の中に何かをもっと早く説明したいなら、「to make a long story short」という慣用語をよく使います。 「to make a long story short」は 「長い話しを短くすると」、または「かいつまんで話せば」という意味があるの慣用語です。「story」は「物語」という意味でしょう!この表現は「長い物語を短くする」として直接翻訳でき、「かいつまんで話す」と解釈できます。皆さんは時間のために何かをもっと早く説明したいなら、この慣用語が次の例のように使われることをできます。 Example 1: A. How did you end up working at Google?  (どうやってグーグルで働くようになったのか?) B. To make a long story short, …

To Make A Long Story Short (長い話しを短くする) [慣用句] 더 보기 »

Tie The Knot (結婚する) [慣用句]

「tie the knot」というのは「結婚する」という意味の慣用語であり、「結び目を作る」として直接翻訳できます。 「結婚する」とは英語でどう言うのですか? 標準英語では、「結婚する」は「(to) marry」と言います。それでも、英語は結婚に関連する慣用語がすごく多いです! 今日も一つよく使われる慣用語をお教えします! (to) tie the knot  結婚する(直訳:結び目を作る) 「tie the knot」という慣用語は、「結婚する」や「夫婦になる」という意味です!そうであれば、英語のネイティブはなぜこの慣用語で「結婚する」を表現するのでしょうか? この慣用語は紐で人と人とを一つに結ぶことで結婚の約束を表現するという西洋の風習に由来しているそうです。そして,そこから「knot(紐)」を「tie(結ぶする)」転じて「結婚する」の意味なりました。 西洋文化には結婚が伝統的にたいせつな意味を持っています。 例えば、聖書は西洋文化に大きな影響を及ぼしましたよね! 聖書では次の言葉があります。 " … and (Jesus) said: 'For this reason a man will leave his father and his …

Tie The Knot (結婚する) [慣用句] 더 보기 »

Water Under The Bridge (過ぎてしまったこと) [慣用句]

water under the bridgeは「橋の下にあるの水」を意味する慣用語であり、「過ぎてしまったこと」で解釈できます。 自分の過去、過ち、後悔は橋の下にあるの水と同じでしょう? 思い続ければ、後悔し続ければ、過去をまだ変えることはできないでしょうね。そんなことがもう過ぎたんですから! 「Water Under the Bridge」という慣用語はその意味です。 英語のネイティブはこのような慣用語を使う時、「過去のミスがもう過ぎたので、私たちは未来に目を向けなければならない」という考えを表現したいです。 It's all water under the bridge.  過ぎてしまったことです。(直訳:すべては橋の下にあるの水です) この慣用語は特に友人や家族の詫びを受け入れる時に回答として使われます! 使う方法は以下の通りです。 Example 1: David: "I am really sorry I said those things, please forgive me."  …

Water Under The Bridge (過ぎてしまったこと) [慣用句] 더 보기 »