英語の文型について! (英文の作り方) [Level 1]


英語の文法を勉強するのが面白くないですが、文法は重要なことです!たくさんの英語初心者は単語を一つずつ話せますが、英語の文法を理解していないので、自分の考えを表現するのが難しく、英語のネイティブとコミュニケーションをすることができません。ですから、私が言いたいことは、文法がいかなる、そして全ての言語にとても大切な部分だということです!

でもね!文法だけ勉強するのは全然ダメですよね!英語でコミュニケーションをするために、とても複雑な文法と文章パターンを学ぶ必要はありません!それでも、英文法の基礎と文章の作り方を理解すると、英語のネイティブの間でよく使われる文章のパターンを学ぶなら、自分の考えをとても楽に表現することができるでしょう!ですから、英文法の基礎を勉強することは本当に重要ですね。

この記事では、英語の文型と英文の作り方を教えてあげます!

文型について (About Sentence Structure)

英語で全ての文章は「主語 (Subject)」、「[述語] 動詞 (Predicate Verb)」、「目的語 (Object)」や「補語 (Complement)」、4つの要素で構成されており、この4つの要素が「文章の構成要素」と申します。より簡単に説明すると、英語の最も基本的な文章は S [Subject] – V [Verb] – O [Object] というパターンで表現されます。これは日本語と反対ですよね? 日本語の文章は「S O V」というのパターンで表現されます。

  • Seojin is my friend[主語動詞補語(名詞)] 
    ソジンは私の友達だ
  • Time is money[主語動詞補語(形容詞)]
    時は金なり
  • We go to school[主語動詞前置詞補語(名詞)]
    私たちは学校へ行く
  • I drink coffee[主語動詞目的語
    私はコーヒーを飲む

文章の構成要素をより詳しく検討しましょう!主語の作り方を教えてあげますよ!

主語について (About Subjects)

主語」というのは、文の主題が何であるのかを示す言葉です。主語は文の初めによく用いられます。主語には 名詞 や 代名詞 のほかに、動名詞・不定詞 が導く句や 名詞節 などの名詞相当語句などが用いられます!

簡単に説明して、主語の目的文章の主体を描写することです。主語は4つの役割があります!

1. 行動の主体

  • My friend studies Japanese.
    私の友達は日本語を勉強する。
  • Our family loves music. 
    私たちの家族は音楽が大好きです。

2. 描写の対象

  • My friend is smart. 
    私の友達は賢い。
  • The teacher is handsome.
    その先生はかっこいいです。

3. 確認の対象

  • My friend is the tall guy.
    僕の友達はその背の高いやつだ。
  • Our car is the red one.
    私たちの車はその赤い車です。

4. 行動の対象

  • My friend got an award.
    私の友達は賞をもらいました。
  • Our house was robbed.
    私たちの家は泥棒が入った。

動詞について (About Verbs)

動詞 [verb]」というのは主語の動作や状態を表し動詞の原型(現在形)・過去形分詞(現在分詞過去分詞)という形態で使われますが、すべて動詞として機能します。

  • I have something to do.  [現在形]
    私はやるべきことがある
  • When do you go to school?  [疑問形]
    君はいつ学校へ行くの?
  • Do not speak during class!  [命令形]
    授業の中は喋らないで
  • I am going home now.  [進行形]
    私は今から家に帰る
  • I have already spent my money.  [完了形]
    私はもうお金を使った

日本語は、動詞が文章の文の終わりにあるので、終わりまで読んでこそ文章の意味を理解できますが、英語の動詞は、主語のすぐ後ろで来たり、その次に出てくる単語が主語と同じかどうかを示す役割をします。

主語のすぐ後ろでは、補語 [verb complement] が来るか、目的語 [verb object] が来たりします。 補語というのは「be 動詞」と一緒に使う名詞形容詞だと、主語を描写する言葉です。

  • My friend is a singer
    私の友達は歌手
  • She is pretty
    彼女は綺麗ね。

目的語というのは行動の対象を示す言葉であります!

  • My friend sings songs.
    私の友達は歌う
  • She studies English.
    彼女は英語勉強する

補語と目的語について (About Complements and Objects)

主格とは文章の中の主語のことです。補語は動詞又は目的語の後に来て、文章の主語や目的語を説明します。主語を説明する主格主格補語と呼ばれます!目的語を説明する主格目的格補語と呼ばれます。

主格補語 (Subjective Complement)

  • My friend is an English teacher.  [名詞]
    僕の友達英語の先生です。
  • It's me!  [代名詞]
    (その人は) です
  • He is handsome!  [形容詞]
    かっこいいだ!

目的格補語 (Objective Complement)

  • You will find English interesting[形容詞]
    皆さんは英語面白いのを分かるようになります。
  • Traveling makes me happy [形容詞]
    旅行するのは幸せにする。
  • My experiences made me a good teacher[名詞]
    私の経験のため、私は良い先生になりました。
  • I saw him studying at the library.  [語句]
    私は図書館で勉強しているのを見た。

補語は主語に相当しますが、目的語は主語に相当ずることができません。もっと簡単に言えば、主語が主人なら、目的語は奴隷と考えればいいのです。主人がどうやって奴隷と格が同じでしょうか。主人は奴隷を支配するので、あって格が同じではありません。

他動詞 [transitive verb] 」は"目的語を支配する"言葉です。目的語はあくまでも相手であり目標物であり、主観ではなく客観です。 そのため、例外が少しありますが、目的語を必要とする他動詞を翻訳する時は「~をする」とよく訳されます。

目的語 (Object)

  • I love our family
    私は私たちの家族愛する
  • I like playing video games
    僕はビデオゲームをするの好き
  • I often watch TV
    僕はよくテレビ見る

要約して言えば、上記の(他)動詞は目的語を必要とする動詞であり、動詞のすぐ後ろで目的語がないと、意味がない動詞であります。他動詞目的語を必要とする動詞であり、自動詞目的語が必要ない動詞であります!別の記事では他動詞と自動詞について教えてあげますよ!


Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top