Please (do it) (~してください) [Level 2]

前回は、皆さんが英語の please について学びましたね。今回は please が 動詞の原形に追加する方法を紹介したいと思います。英語では「~してください」というパターンが "please + (動詞の原形)" と言います。それで「見てください」とは "please look" になります。「来てください」とは "please come" になりますね。「聞いてください」とは、英語で "please listen" と言います。目的語動詞の後ろに来ますね!

  • Please look at this.
    これを見てください
  • Please show me how to go.
    どうやって行くのか見せてください
  • Please listen to my pronunciation.
    私の発音を聞いてください
  • Please help me do this.
    ちょっと手伝ってください

上記の please命令形であり、お願いをするために使えます。命令文の文頭や文末に please を付けて「〜してください」という表現になります。それでも、命令文なので使い方によっては失礼にあたるケースもありますねイントネーションは本当に重要ですよ!例えば、"Please send the document" とは「書類を送ってください」という意味です。でもこうやって「PLEASE SEND THE DOCUMENT! (書類を送ってくれ)」って言ったら、本当に怖いんです。"Please?" とは「お願い」という感じですが、Oh, please とは「なんだよ」という感じです。イントネーションを注意してください!

  • Please give me one iced vanilla latte.
    アイスバニララテを一杯ください
  • Please send this letter for me.
    この手紙を送ってください
  • Please reply to this email by tomorrow.
    明日までにこのメールに返信してください
  • Please tell me how to go to Shinjuku Station.
    新宿駅までどうやって行くのか教えてください

それでも、このパターンは命令しているニュアンスを含むため、特に上司やクライアントに対する言葉としてはふさわしくありません。日常生活に使うのは全然大丈夫ですけど。

Can you please … ? (してくれますか?)

please + (動詞の原形) というパターンは命令形ですけど、疑問形もあります!Can you please + (動詞の原形) というパターンは「~してくれますか?」を意味します。私の意見で、この表現は質問ですから、please + (動詞の原形) というパターンよりもっと丁寧です。もっと丁寧な表現があるんですけども、もっと丁寧な表現があるんですけども、そういう表現が条件形を用いるから、今回はこの基本的なパターンの使い方について教えてみたいと思います。「can」という動詞は皆さんご存知ですよね?「できる」を意味しますが、許可を求めるために用いて「~してもいいですか?」という意味になります。"Can you please … ?"とはよく似ていますよね。許可を求めるために用いられています。

  • Can you please take a look at this?
    これを見てくれますか
  • Can you please help me do this?
    ちょっと手伝ってくれますか
  • Can you please tell me how to go to Shinjuku station?
    新宿駅までどうやって行くのか教えてくれますか
  • Can you please give me one iced vanilla latte?
    アイスバニララテを一杯くれますか
  • Can you please reply to this email by tomorrow?
    日までにこのメールに返信してくれますか

Dustin

Dustin

初めまして!ダスティンと申します!自営業でも、私は Gab! Gab! English の代表者 (社長) でしょう?韓国に住んでいるアメリカ人です。このサイトは、まだ作っていますけど、お役に立てばよいのですが。
Scroll to Top