"What's your name?" '名前は何ですか?' '名前を教えてくれますか?' 皆さんは学校でこの表現を学びましたね?英語のネイティブはこの表現をよく使いますが、ネイティブがもっとよく使うフレーズもあります。皆さんは 'What's your name?' と聞かれたら何て答えますか?今回は、英語で相手の名前を聞く方法と答え方を紹介します。

英語の名前について

まずは名前にまつわる単語と欧米人の名前について教えてみたいと思います。の英語圏の人は 'first name', 'middle name', と 'last name' を持っています。

  • first name
    ファーストネーム
  • middle name
    ミドルネーム
  • last name
    ラストネーム
  • full name
    フルネーム

英語の名前は、パスポートなどの公文書に「 > 」の順ではなく、日本語表記と同様に「 > 」の順で表記されますが、日常会話では名前が先に来ます。例えば「私の名前は福山雅治です」とは英語で My name is Masaharu Fukuyama になります。カジュアルな場面で My name's (名前) と I'm (名前) くらいの表現が用いられるから、カジュアルな場面で My name's MasaharuI'm Masaharu と言えます。名前だけ言ってもいいです。英語で名前が先に来るので、英語で first name と言います。直訳すると「最初の名前」という意味になりますね。英語圏の国では middle name を持つ人も多いです。middle name とは、first namelast name の間にある名前です。例えば、私の first nameDustin ですが、 middle nameRyan です。last name とは、日本語で「名字」を指します。英語では、last name が氏名の中でもっとも後ろに来るので「名字」は 英語で last name と言います。直訳すると「最後の名前」という意味になりますね。full name とは 日本語で「氏名」を指します。では、いくつかの例文をお見せします。

  • My first name is Dustin.
    私のファーストネームはダスティンです。
  • My middle name is Ryan.
    ミドルネームはライアンです。
  • My last name is Williams.
    私の苗字はウィリアムズです。
  • My full name is Dustin Ryan Williams.
    フルネームは ダスティン・ライアン・ウィリアムズ です。
名前の聞き方と答え方

名前を聞くと 「名前は何ですか」 と聞かれた時に使えるフレーズを教えてみたいと思います。What's you name? は、皆さんが知っている表現ですから、日常会話で最もよく使われるフレーズを紹介したいと思います。

名前を教えてくれますか?

次のフレーズは「名前を教えてもらえますか」意味すると、日常会話で What's your name よりもっと使われます。

  • Can I get your name?
    名前を教えてもらえますか
  • Can I have your name?
    名前を教えてもらえますか
  • Could you tell me your name?
    お名前を教えて頂けますか
  • What's your name?
    名前は何ですか?

私の考えでは、英語のネイティブが Can I get your name? というフレーズを一番よく使いますが、ネイティブはこの全ての表現がよく使います。職場の生活で相手の名前を尋ねたいなら May I とか Please などの敬語を使う方がいいでしょう。職場の生活やビジネスで使えるフレーズを紹介します。

  • Could you tell me your name please?
    お名前教えてもらっていいですか?
  • May I ask your name please?
    お名前をいただいてよろしいですか?
  • Could I have your name please?
    お名前お伺いできますか?
  • What's your name please?
    お名前は何でしょうか?

みんなさんは please がどういう意味か分かるでしょう? please という言葉は「~してください」と「お願い」する意味であります。相手にお願いをする時に使える言葉ですから、please は職場の生活でよく使われます。

何と呼べばいいですか?

初対面の人をどう呼んだら良いかたずねる時に使えるフレーズを教えてあげます。カジュアルな表現と職場の生活で使える表現を紹介します。

  • What do I call you?
    何て呼んだらいい?
  • What would you like me to call you?
    何て呼んだらいいですか?

What do I call you? とは、カジュアルな表現ですよ!例えば、友達の友達に使えるフレーズです。What would you like me to call you? とは敬語ですから、ビジネスにおいて使えるフレーズです。

答え方

皆さんが先ほど学んだ表現の答え方は本当に多いですよ。まずはネイティブが一番よく使うフレーズをお見せします。

  • My name is Dustin.
    名前はダスティンです
  • I'm Dustin.
    ダスティンです
  • Dustin is good.
    ダスティンと呼んでいい
  • You can call me Dustin.
    ダスティンと呼んでいいですよ
  • Please call me Dustin.
    ダスティンと呼んでください

質問によって、答え方が変わることがあるんですね。My name is () とは様々な場面で使うことができて、I'm () とはちょっとカジュアルな表現です。() is good とはすごくカジュアルな表現です!Please call me () とは敬語表現ですから、職場の生活で使うことができます。質問によって、答え方が変わることがありますが、私たちがこのレッスンで学んだすべてのフレーズに My name is () や I'm () と答えることもできます。それでは会話の練習をしてみましょうか?

Example 1
What's your name?

名前は何ですか?
My name is Dustin.
名前はダスティンです。

Example 2
Can I get your name?
名前を教えてもらえますか
Yeah, I'm Dustin.
はい、ダスティンです。

Example 3
What do I call you?
何て呼んだらいいですか?
You can call me Dustin.
ダスティンと呼んでいいですよ。

Example 4
Can I get your full name please?
フルネームを教えてもらっていいですか?
Sure, my full name is Dustin Williams.
はい、フルネームは ダスティン・ウィリアムズ です

英語の敬称

英語の '敬称' とは、相手に対して敬意、尊敬の念を込めて用いられる last name full name の前に付ける語であります。日常生活では、敬称を使った方がいい場合もありますが、敬称が職場の生活でよく使われると思います。次の敬称は苗字や名前の前に付ける敬称です。

  • Mr. (Mister)
    ~さん; ~様 (男性)
  • Ms. (Miss)
    ~さん; ~様 (未婚女性)
  • Mrs. (Misses)
    ~さん; ~様 (既婚女性)
  • Dr. (Doctor)
    先生 (医師)

基本的な英語の敬称が、性別による敬称です。性別による敬称には、結婚しているかしていないかでも使う敬称が異なります。これらの敬称は「~さん」「~様」「~先輩」などの意味で使われますが、"Mr. Fukuyama" "Mrs. Jeong" "Mr. Dustin Williams" のように、名前の前に付けて使用します。Mr. は Mister の省略形で、相手が結婚しているかどうかに関わらず使用できます。Mrs. は Misses の省略形で、既婚女性に使用する敬称です。Ms. は Miss 省略形で、未婚女性に使用できる敬称です。相手が結婚しているかしていないか分からない時にも使用できます。学校の先生を表わす単語 teacher は 敬称として使用しません。それでも、doctor は敬称として使用できます。医者博士号の資格を持つ人に Dr. (Doctor) という敬称を使うことができます。"Dr. Fukuyama" "Dr. Jeong" のように苗字の前に付けて使います。単独でも使用できます。次の敬称は愛との名前を知らない時に使える敬称です。

  • sir
    お客様;旦那様 (男性)
  • ma'am
    お客様;旦那様 (女性)

相手の名前が分からない場合には、Sir Ma'am を使います。既婚・未婚を問わず、呼びかける時に単独で用いられる敬称で「お客様」「旦那様」などの意味で用いられます。日常生活でもビジネスにおいても使用できます。

Scroll to Top