形容詞も名詞や代名詞を修飾する品詞の一種であります。形容詞 (Adjectives) とは、物事の状態や性質が「どのようであるか」を表現する言葉です。形容詞が名詞や代名詞を修飾する場合には、()名詞の前に来ます。では、形容詞の種類をお見せします!

   
Qualitative Adjective(s)
性質形容詞
性質や状態を表すhonest, kind, easy, hard, pretty など
a.) 物質名詞から派生した形容詞: golden, wooden など
b.) 固有名詞から派生した形容詞: Korean, American など
c.) 分詞から由来した形容詞: tired, interesting など
Quantifier(s)
数量形容詞
数と量を表すa.) 数: many, (a) few, several など
b.) 量: much, (a) little など
c.) 数と量: some, any, no, enough など
Adjective Pronoun(s)
代名形容詞
代名詞から派生した形容詞a.) 人称代名詞の所有格: my, your, his など
b.) 指示代名詞の形容詞用法: this, that など
c.) 不定代名詞の形容詞用法: all, both, each, some など
d.) 疑問代名詞の形容詞用法: whose, what, which など
e.) 関係代名詞の形容詞用法: whose, what, which など
Numeral(s)
数詞
数や順序を表すa.) 基数詞: one, two, three, ten, hundred など
b.) 序数詞: first, second, third, tenth など

知らなくてもいいですけど、形容詞には 性質形容詞 (Qualitative Adjectives)、数量形容詞 (Quantifiers)、代名形容詞 (Adjective Pronouns) の三種類があります。数詞 (Numerals) も 形容詞の役割を果たします。では、今から形容詞の使い方をご説明いたします。

形容詞の使い方

形容詞には「名詞を修飾する」役割がありますよね!形容詞名詞の前に来て形容詞を修飾する副詞形容詞の前冠詞すべての 形容詞 (と副詞) の前に位置します。このレッスンでは、形容詞の限定用法叙述用法について説明したいと思います。形容詞が名詞や代名詞を修飾することは「限定用法 (attributive use)」と呼ばれます。名詞の前に置かれる形容詞を指します。the handsome boy (ハンサムな男), the beautiful scenery (美しい風景), the funny movie (面白い映画) の場合はすべて限定用法です。代名形容詞数量形容詞主に限定用法で使用されますが、性質形容詞限定用法でも叙述用法でもよく使用されます

  • That pretty girl is my friend.
    あの綺麗な女が私の友人です。
  • I watched a really good movie last night.
    昨日の夜 本当にいい映画を見た。
  • We went to a beautiful place last weekend.
    僕たちは先週末 美しい所に行った。
  • I bought a new bag.
    私は新しいバッグを買った。

形容詞主語や目的語を修飾することは「叙述用法 (predicative use)」と呼ばれます。ですから、叙述用法補語の役割を果たす形容詞を指します。形容詞主格補語として使われることが多いです!「主語 + be 動詞 + 形容詞」のパータンは叙述用法で、主語を修飾したい場合にはこのパターンを使います。

  • That girl is pretty.
    あの女が綺麗だね。
  • That movie was really good.
    あの映画は本当に良かったよ
  • That place is so beautiful!
    あの所はとても美しいです!
  • English is difficult, but it is interesting!
    英語は難しいですけど、面白いです!

形容詞補語として使われる場合もあるんです。叙述用法は目的語を修飾することも指します。「私を(~の状態)にする 」のようなパターンには形容詞が目的格補語として使われているようですね?こんな言葉を表すには「叙述用法」が使用されます。例文をお見せします。

  • They make me happy.
    彼らは私を幸せにします。
  • That movie made me sad.
    その映画は私を悲しくさせた。
  • I find English interesting.
    英語が面白いと思う。

補語として使われる場合もありますが、形容詞は主に()名詞主語を修飾するために使用されます。

限定用法に限られた形容詞

形容詞の中には限定用法に限られた形容詞もあります。次の形容詞名詞の修飾語 (限定用法) として使われて補語 (叙述用法) として使われることはありません

daily
日常的な
only
唯一の
former
以前の
fallen
落ちた
golden
金色の
main
主な、主要な
inner
内(側)の、内部の
outer
外の、外側の
upper
上のほうの
elder
年上の、年長の

これらの形容詞が次の名詞と一緒に使われることは多いです!

  • (the) daily paper
    日刊紙
  • (the) golden age
    黄金時代
  • (an) only son/daughter
    一人息子/娘
  • (a) live broadcast
    生放送
  • fallen leaves
    落ち葉
叙述用法に限られた形容詞

次の形容詞主語の修飾語 (叙述用法) として使われて名詞の修飾語 (限定用法) として使われることはありません

(to) be afraid of
~を恐れる
(to) be awake
目が覚めている
(to) be alike
~に似ている
(to) be aware
自覚をもつ、知る
(to) be alive
生きている
(to) be content with
~に満足する
(to) be alone
一人でいる
(to) be unable to
~できない
(to) be ashamed of
恥ずかしがる
(to) be well
元気にする
(to) be asleep
寝ている
(to) be worth (do)ing
~する値打ちがある

いくつかの例文をお見せします。

  • She is afraid of spiders.
    彼女は蜘蛛が怖いんだ
  • I'm content with my life right now.
    今は僕の生活に満足している。
  • This book is worth reading.
    この本は読みがいがある。
  • At least I'm still alive.
    少なくとも私、まだ生きてる。
  • We're unable to go on Monday.
    月曜日には行けない
英語で一番使われている形容詞

最後に、英語で一番使われている形容詞をお見せしたいと思います。

good
良い
great
とても良い
bad
悪い
happy
嬉しい、幸せ(な)
sad
悲しい
hungry
腹がすく
thirsty
喉が渇く
fun
楽しい
interesting
面白い
boring
つまらない
big
大きい、大きな
small
小さい
fast
速い
slow
遅い
cheap
安い
expensive
高い
normal
普通(だ), 正常(な)
special
特別(だ)、特別な
important
重要(だ)、重要(な)
smart
賢い
stupid
愚か(だ)、愚か(な)
useful
有益だ、有益な
easy
易しい
hard
難しい
close
近い、親密だ
far
遠くの
new
新, 新しい
old
老い, 古い
tired
疲れる
angry
怒っている

次の例文をご覧ください。

  • The weather is wonderful today!
    今日は素晴らしい天気ですね
  • College tuition is too expensive.
    大学の授業料は高すぎる。
  • I bought new shoes yesterday.
    昨日新しい靴を買った
  • You're really smart and funny!
    あなたは本当に頭が良くて面白い人ですね。
  • I have important news.
    重要なお知らせがあります。
Scroll to Top
Scroll to Top