今回は 指示代名詞 (Demonstrative Pronouns)、指示形容詞 (Demonstrative Adjectives) と 指示副詞 (Demonstrative Adverbs) についてお伝えします。こともの、または指すのに用いられる代名詞を「指示代名詞」と呼びます。「このそのあの」などの言葉はすべて「指示代名詞」です!

  • this
    これ
  • that
    それ, あれ
  • these
    これら
  • those
    それら, あれら
  • such
    そのような
  • so
    そう
  • (the) same
    同じもの (こと)

this, that, these, those は「」と「」で使い分けられます。距離時間、または自分の観点から近いものthis/these で指し、遠いものは that/those で指します。これらの代名詞は名詞として使うと「これ」や「この人」を意味しますが、名詞の前で使うと「このそのあの」意味する形容詞になります。

人・こと・もの を指す場合

  • This is my bag, and that is yours.
    これは僕のバッグで、それが君のだよ
  • Who is that?
    あの人は誰ですか?
  • How much are these?
    これらはいくらですか?
  • Those are my shoes.
    それらが私の靴です。

前に出てきた 語・句・節 の内容を指す場合

  • I'm making a blog! This will help my friends to learn English.
    ブログを作っているよ! これは僕の友達が英語を学ぶのに役立つだろう。
  • To go or not to go, that is the question.
    行くか行かないか、それが問題だ
  • The problem is this: it's hard to find a job there.
    問題は、あそこで仕事を見つけるのは難しいということです。
指示形容詞と指示副詞

後ろに名詞が来ると、this/thesethat/those は「この~・その~・あの~」意味する「指示形容詞」になります!後ろに形容詞や副詞が来ると、これらの単語は「このそのくらいの」意味をする「指示副詞」になります。使い方をお見せします。

指示形容詞

  • I love this game.
    このゲームが大好きです。
  • I really don't like that song.
    その歌が大嫌いです。
  • Those cats are so cute.
    あの猫たちは可愛いですね。
  • These books are too boring.
    これらの本はとても退屈だよ。

指示副詞

  • The phone is about this big.
    携帯はこれくらい大きいだ
  • The situation isn't that bad.
    状況はそんなに悪くないね
  • I'm not that rich!
    僕はそんなに金持ちじゃないよ
  • It's not that easy to become a teacher.
    先生になるのはそんなに簡単じゃないよ
  • I didn't know learning a foreign language was this hard.
    外国語を学ぶのがこんなに大変だとは思っていなかったよ
that (those) + 修飾語句

文で前に出てきた の内容を指したい場合には that (複数 those) を使うことができます。例文をお見せします。

  • I heard that Chinese grammar is easier than that of other languages.
    中国語の文法が他の言語より易しいと聞きました。
  • The population of Tokyo is greater than that of Seoul.
    東京の人口はソウルの人口より多い。
  • I want to help those who need help.
    僕は助けが必要な人を助けたい。
  • Roads in the country aren't as busy as those in the city.
    田舎の道は都会ほど車が多くないんだ。
such (このような)

such は「このような」と「そのような」という意味の指示形容詞となります。形容詞ですから、such の後ろに名詞が来るのが原則です。「そのような人」「そのような物」という意味で の代わりに使えると、名詞なしで指示代名詞としても使えます。such形容詞の前に来ると、「本当にとても」という意味の指示副詞になります。

  • I've never seen such a beautiful place before.
    こんなに美しい所は初めて見ました。
  • There is no such thing as a perfect person.
    完璧な人間なんていないよ。
  • Such is life.
    人生とはそんなものさ。
so (そう)

so は「指示副詞」の役割を果たすと、thinkhope などの名詞と使う場合には「そう」という意味になります。

  • I think so.
    そう思う。
  • I hope so.
    そう期待して。
  • I'm sorry, but I'm afraid so.
    残念ながらそうらしいのです

do so という形で前の文の動詞句の代用となります。

  • He was asked to leave the seat, but he refused to do so.
    彼は席を立ってくれと頼まれたが、そうしなかった。
  • I promised to write him, so I'll do so as soon as possible.
    私は彼に手紙を書くと約束したので、なるべく早くそうするつもりです。

文の前に出ると、so は「それでですから」という意味になります。

  • So I did so.
    それで僕がそうしました
  • So, what did you say?
    それで君は何と言いったか?
  • So, it's difficult.
    ですから、難しいんです
the same (同じこと[もの])

the same は前に出てきた言葉を受けて「それと同じこと[もの]」という意味になります。形容詞として使うことができて、単独で名詞としても使えます。

  • I'll order the same thing. [形容詞]
    私も同じものを注文します
  • I'll order the same. [名詞]
    私も同じものを注文します
  • If I were you, I would do the same.
    僕が君だとしても、同じことをするだろう。
Scroll to Top
Scroll to Top