英文の構成要素 (英文法についての説明) [レベル1]

英文法を勉強するのが大変ですが、文法は英語の重要な部分です。もちろん文法だけを勉強するのがダメですけど、英文法の規則を分ければ、英語で会話するのが楽になります。ですから、今回は英文の構成要素と英文法の規則について説明したいと思います。

英文の構成要素について

英語の文を主に構成するのは、主語 (Subject)、動詞 (Verb)、目的語 (Object)、補語 (Complement) の四つです。この四つは英文の構成要素と言います。簡単に説明すると、英語は S [Subject] – V [Verb]- O [Object] 文型を使う言語です。日本語などは「SOV」となります。例文をお見せします。

  • Sota is my friend. [主語 – 動詞 – 補語(名詞)]
    湊太は僕の友達だ。
  • Time is money. [主語 – 動詞 – 補語(形容詞)]
    時は金なり。
  • We go to school. [主語 – 動詞 – 前置詞 – 補語(名詞)]
    僕たちは学校へ行く。
  • I drink coffee. [主語 – 動詞 – 目的語]
    僕はコーヒーを飲む。

英文の構成要素についてもっと詳しくお伝えます。今は主語の役割と使い方を説明します。

主語 (Subject)

主語とは、文中において何らかの動作を行ったり、説明される主体のことです。人名名詞名詞句代名詞動名詞不定詞 は 主語になることができます。

簡単に説明すると、主語とは行動の主体を説明する役割をします。主語は動作や状態の主体を表す言葉です。文章の主人公です!主語は4つの役割を果たせます。

1. 行動の主体

  • My friend studies Japanese.
    私の友達は日本語を勉強する。
  • Our family loves music.
    私たちの家族は音楽が大好きです。

2. 描写の対象

  • My friend is smart.
    私の友達は賢い。
  • The teacher is handsome.
    その先生はかっこいいです。

3. 確認の対象

  • My friend is the tall guy.
    僕の友達はその背の高いやつだ。
  • Our car is the red one.
    私たちの車はその赤い車です。

4. 行動の対象

  • My friend got an award.
    私の友達は賞をもらいました。
  • Our house was robbed.
    私たちの家は泥棒が入った。
動詞について (About Verbs)

文章で動詞主体の動作状態を表します。動詞は 原形 (現在形)・過去形分詞(現在分詞過去分詞) の形態で使われますが、すべてが動詞の機能を果たします。

  • I have something to do. [現在形]
    私はやるべきことがある。
  • When do you go to school? [疑問形]
    君はいつ学校へ行くの?
  • Do not speak during class! [命令形]
    授業の中は喋らないで!
  • I am going home now. [進行形]
    私は今から家に帰る。
  • I have already spent my money. [完了形]
    私はもうお金を使った。

日本語では動詞が文の最後に来るので、文の最後まで読んでこそ意味を理解することができますが、英語の動詞は主語のすぐ後ろで、その次に来る単語が主語と同じか違うかを教える役割を果たします。

動詞の後ろでは 補語 (Verb Complement) や 目的語 (Verb Object) が来ますね。補語とは、主語が何かどういう状態かを説明する言葉です。補語は be 動詞 と一緒に使われて、名詞と形容詞が補語の役割を果たせます。

  • My friend is a singer.
    私の友達は歌手だ。
  • She is pretty.
    彼女は綺麗だね。

目的語は、動作が及ぶ対象や動作の目的を表します。

  • My friend sings songs.
    私の友達は歌を歌う。
  • She studies English.
    彼女は英語を勉強する。
補語と目的語 (Complements and Objects)

主語とその意味が相通じる時は「主格補語」、目的語とその意味が同じ時は「目的格補語」と言います。(代)名詞や形容詞、相当語句が補語としてよく使われます。

主格補語 (Subjective Complement)

  • My friend is an English teacher. [名詞]
    僕の友達は英語の先生です。
  • It's me! [代名詞]
    (その人は) 私です。
  • He is handsome! [形容詞]
    彼はかっこいいだ!

目的格補語 (Objective Complement)

  • You will find English interesting. [形容詞]
    皆さんは英語が面白いのを分かるようになります。
  • Traveling makes me happy. [形容詞]
    旅行するのは私を幸せにする。
  • My experiences made me a good teacher. [名詞]
    私の経験のため、私は良い先生になりました。
  • I saw him studying at the library. [語句]
    私は彼が図書館で勉強しているのを見た。

補語は主語と相通しますが、目的語は主語と相通れません。

目的語 (Object) [他動詞]

  • I love our family.
    私は私たちの家族を愛する。
  • I like playing video games.
    僕はビデオゲームをするのが好き。
  • I often watch TV.
    僕はよくテレビを見る。

要約して言うと、これらの動詞は目的語を必要とする動詞ですよね? 動詞のすぐ後ろに目的語がなければ意味がない動詞は他動詞と言います。自動詞は目的語を必要としない動詞です! 後で他動詞と自動詞の違いをもっと詳しくお教えします!


Latest Posts

Scroll to Top
Scroll to Top